第57回定例会 株式会社エムケー

posted in: 活動実績 | 0

2021年6月15日に株式会社エムケーさまで、第57回の大阪3S実践会定例会が開催されました。大阪3S実践会も5年ばかりの歳月が経過し、各社とも活動が次世代に引き継がれたり、体制が変更になったり、正に改善に終わりがないことを象徴するエピソードです。冒頭の挨拶で、株式会社エムケーの松園社長さまからも自社の体制の変更が発表されました。松園社長さまー藤平さまの時代を経て、次世代(現行)の3S委員には"ゼロリセット"のつもりで、新しい取り組みをやってもらいたいと激励されていました。そのための準備もしっかり行っておられ、当日の受け入れを見事に果たされました。

自社の3S活動の体制変更を発表する松園社長さま

当日の前段で行われた5S学校に参加されている3S委員の赤木さん、山中さん(と堀口さん)、5Sを体系的に学びながら、3S実践会では発表、つまりは3Sを実践されておられます。『知行合一』の環境を与えることで、社員さんは大きく成長する好循環の事例です。

それは各社の皆さんを見ていると、良く分かりますし、社外の仲間が月に1回集まることも、大きな意義があります。社内だけで活動をしてマンネリ化すると、なかなか停滞から抜け出せないこともあると思いますが、3人以上が寄れば文殊の知恵も出て、社内の活動にフィードバックできるものです。

事例発表とウォッチングで知恵を共有することは、継続的な改善の仕組みが手に入ることになります。

経営者さんの最大のお悩み事のひとつは『人材育成』です。2020年版の中小企業白書でも、『販路開拓』を上回り、重要と考える経営課題の1位です。確かに『販路開拓』できても、受けられる『人材育成』ができてないと、意味がありませんよね。

5S活動が定着せず、『人材育成』にお困りの経営者の皆さん、5S学校で体系的に学び、3S実践会で学びを実践する仕組みを手に入れることができれば、あなたの悩みのひとつは解消できることでしょう。

きらめく5S学校と大阪3S実践会で一緒に取り組みませんか?まずは見学などお気軽にお越しください。

お問い合わせは、コチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です