8月度 ユタニ工業3S活動

8月度 ユタニ工業3S活動

< 活動報告 >

 

加修課:棚の整理

こちらが今回3S活動を行った棚になります。

棚の中身は使っていない物が多々あったので整理しました。

整理する事で棚の中が半分程度に物を減らせたので、

棚を小さくする為、棚を一度どかし、後ろにも

使わない物があったので、そちらも処分して清掃しました。

こちらが清掃後の写真です。

今後、棚を戻す前に床の塗装をしていく予定です。

先程の棚は、サイズをコンパクトにする為、

半分切断しました。切断時間は30分程で

今後、元の位置に戻す前に塗装をしていきます。

 

鋼板課:工具の姿絵管理

切断作業場の机の上にメジャーや石筆などの

毎作業ごとに使う道具がちょい置き状態になっていたので

定位置を決めて姿絵管理することにしました。

端材を工具の形に切り出し製作しました。

作業風景の写真になります。

足場など溶接を行い固定しました。

溶接後に塗装も行い、鮮やかに仕上げました。

こちらが、完成後の写真になります。

消耗品など、まだ整理が出来ていないところがあるので、

今後、スプレー缶の定量など決めていきたいと思います。

 

 

加工課:バッカン製作

こちらの赤で囲った所が3Sをした所になります。

ここでの問題点は、バッカンが大きすぎる。大きすぎる為、通路が狭い。

バッカンの中の清掃がしにくい

(バッカンに隙間が空いている為、マグネットでもとれない。)

バッカンの下の清掃に時間が掛かる。(わざわざクレーンを使い、よけての清掃)

こちらの問題点をふまえ、バッカンの作り直しを行いました。

こちらは先程のバッカンを溶断した写真になります。

こちらを再利用して、

溶接でくっつけ、こちらを台車式にし、

清掃がやりやすいように、出窓をつけました。

以前とは違い、台車式になった為クレーンを使わず

清掃を行うことが可能となりました。

コンパクトになり、バッカンの中も溶接で隙間を埋めている為

こちらの出窓を開け、簡単に清掃が出来る様になりました。

 

 

ロール課:窒化炉の処分

今回は10年以上使用していなかった窒化炉を処分しました。

全ての操作盤が解体され、無くなった写真です。

1つ解体するごとに清掃もしながら作業しました。

本体も解体し、全て処分し終えた写真です。

かなり広くなり、前までの圧迫感がなくなり、

とてもスッキリしました。

窒化炉を処分したことで、後ろの扉の錆が目立つようになり、

見栄えも悪いので、塗装も行いました。

塗装後の写真がこちらです。

少し暗いですが、キレイに塗装できました。

 

 

2工場事務所:床の清掃

磨く前の写真になります。

作業後の写真になります。

今後は、磨いた後にワックスをかけて、

現在使用している椅子なども擦れて、汚れてしまう原因にもなっているので

対策を考えていく予定です。

 

 

部品課:床の塗装

 

床にホコリが積もってしまい、そのホコリが風などで舞ってしまうことがあり、

商品が汚れてしまうことがあったため、床の塗装を行いました。

こちらが作業中の写真になります。

こちらが塗装後の写真になります。

見栄えも良くなりました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です