第6回「関西5S大会」で事例発表をしました。

posted in: 活動実績 | 0

 

 

2月24日に関西生産性本部・関西IE協会主催の第6回「関西5S大会」が開催されました。

内容は、特別講演の後、事例発表は3事例が発表されました。

①「アイシン東北の5S活動と見える化の取り組み」・・・アイシン東北(株)
②「大阪の中小企業の5S活動の取り組み」・・・大阪3S実践会
③「5Sを通じた医療安全と業務改善の取り組み」・・・磐田市立総合病院

とても嬉しいことに、大阪3S実践会はこの場で発表の機会を頂きました。

はじめに、代表幹事会社でもある(株)ベル  奥社長から、

大阪3S実践会に至った経緯の説明があり、続いて、

会員企業である4社から3S活動に取り組んだ内容が発表しました。

 

 

 

その内の3社は2013年 東大阪青年経営研究会(異業種交流会)の
3Sを根付かし極めていく考えで立ち上げた企業です。

昨年度の大会のこの会場で、きむら5S実践舎の鈴木様が

世界5Sサミット2016 in足利のご案内されていました。

そこで鈴木様が足利流5Sを紹介されており、代表幹事の奥の目にとまり、それをきっかけとして、きむら5S実践舎様とのご縁が始まり、今回の発表に至りました。

大阪3S実践会のメンバーは、これまでも3S活動を続けて来たが、行き詰まり、何か違う、何か無いか、と模索していたところ、昨年の出会いがあり、考えに共感し、「これだ!」と直感したそうです。

そして、その出会いから、丸1年経った今日までに大きな転換ができて、今回の事例発表を迎えることが出来ました。

翌日には鈴木様へ連絡が入れ、6月には3社8名で、足利5S実践企業様の視察行かせて頂きました。

7月には、メンバーとともにそれまでの研究会の名称を改め、新たに『大阪3S実践会』として再スタート致しました。

そして今現在は、5社の会員で活動をしています。

足利5S学校の兄弟校と位置づけた、“きらめく5S学校”という名称で、5S改善コーチ育成講座を5月からの開講をすべく準備中です。

 

今回の『大阪3S実践会』の発表企業は以下の通りです。
(株)Dreams・・・ポップコーン製造・販売
https://popcorn-papa.com/


(株)タナカファクトリー・・・金属製品の製造・加工及び溶接全般
http://www.tanakaf.co.jp/


ユタニ工業(株)・・・建機・農機部品の製造販売、アタッチメントの販売・修理・再生
http://www.yutani.jp/


(株)ベル・・・ビルメンテナンス:清掃管理、受付管理、建物管理、鳥害対策、等

https://ai-kando.jp/

 

また、上記からもわかるように業種業態もさまざまです。

月一回各社が集まり定例会が活発に行われ “3S”というキーワードを通して、異業種が切磋琢磨して、共に成長していこうということを目指してきました。

そこに、やらせ、やらされではない、人に焦点をあてた足利5Sの考え方が加わって、今後ますます変化していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です